プロフィール

南 夏世

Author:南 夏世
イトオテルミーを始めて20年
テルミーであたたまり
元気になったので
みなさんにもあたたまって
元気になってもらえると
とてもうれしいです

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

納棺夫日記

納棺夫日記

09-8-5

「おくりびと」のもとになった
「納棺夫日記 」を、テルミーに来てくれている方からお借りして読みました。
その中で、納棺夫の仕事を続けていると、玄関へ入った瞬間、
悲しみの度合いが分かるようになる。
極度の緊張が家中に張り詰めている。とありました。
これ、すごくわかります。もちろん私は納棺夫ではないので
別れの悲しみの度合いがわかるわけではないですけれど。
何かが家中に張り詰めているという感じが、よくわかります。
出張テルミーで毎週のようにうかがう方々が極端に調子が悪い時は
玄関を入った瞬間になにか伝わってくることがあります。
何度かくりかえすうちに、こういうのは不思議なことではなくて、
みんなが感じる、匂いのようなものと似たものなのかな?

テルミー先の玄関をあける前に、何かすごく不安をかんじて入ったところ、
脳梗塞の症状で嘔吐していて、、救急車を呼ぶことになったことがありました。
別のお宅では、何かいつもと違った緊張が家中にただよっていると思ったら
私がおじゃまするつい前まで、持病の発作で苦しかったということもありました。
だから、南施術所に来る方が、
私のしんどい空気が施術所に充満していて、驚くことのないように
いつも元気でいなくてはなあ~と思います。毎日テルミーだ!!

納棺夫日記以外でも、テルミーに来てくださっている方々から
オススメ本を借りて読ませてもらうことが多いです。ありがたや。
伊坂 幸太郎東野 圭吾海堂 尊,などなど沢山読ませてもらいました。
ミステリーは電車などで熱中できて、楽しい移動時間になります。

伊坂幸太郎の小説なんて、脳の老化防止になる感じですしね。
老化防止に読まれてもって感じですけど、
時間軸が微妙にずれていたり、交差していたり、
別の小説の中で同一人物が混ざって登場したりすることが多くて
記憶していればいるほど、楽しめるのですから、
一生懸命、記憶するように読むので、私の普段あまりつかわない
脳みそがブクブク音をたてますよ。

お借りしてばかりいるようですが、東野圭吾の
「白夜行 」と「幻夜 」は南施術所の図書箱にありますので
お貸しすることができますよ。
その他、カテゴリーの図書箱のところで紹介している本は
ほとんどレンタル貸し出し可能です。

あったか日記「楽しい書中お見舞い」更新しました

テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント