プロフィール

南 夏世

Author:南 夏世
イトオテルミーを始めて20年
テルミーであたたまり
元気になったので
みなさんにもあたたまって
元気になってもらえると
とてもうれしいです

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

人工エネルギー

005479.jpg

テルミーの熱ってほんとうにすごいなあ〜と思う日々です。
金逸博士は等化熱とか栄養熱、栄養温などとも表現されています。

昨夜来てくれたSさん、胃腸の調子がよくなくって、
あまり食べられないでいるとのこと。そんな時にも
栄養をとるみたいに、テルミー熱を注入です。
栄養のかわりになる熱と思うと、心強いです。

それから先日は、気虚&血虚で不調のMさんがきてくださいました。
金逸博士はテルミーの熱をいれることを植霊ともいわれていて、、
「霊」というと不思議な感じがするかもしれませんが、
「気」「エネルギー」のことで、つまり気虚の時にも、
ばっちりですよね〜とお話していたんです。
そおしたらMさんが、昔のテルミー線の載っているサイトを
みつけて教えてくださいました→★★★
テルミー線に熱元・人工霊の素と書かれていますねえ〜
人工気の素・人工エネルギーの素なのだ♨ すごいのだ♨
昔はイトオテルミーではなく、イトオテルミンと書いていますねえ。

霊=気=エネルギーを注入できる熱。
最近よくきてくださるMさんは、テルミーの後
ポカポカして明るい気持ちになるんです!って教えてくれます。
それはやっぱり気が満たされるからなんじゃないかなあ〜♪


続きを読む

テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体