プロフィール

南 夏世

Author:南 夏世
イトオテルミーを始めて20年
テルミーであたたまり
元気になったので
みなさんにもあたたまって
元気になってもらえると
とてもうれしいです

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

うつヌケ

004842.jpg

友達が読んだ本を、みなみ療術所にどうぞ!といって贈本してくれました。

うつヌケ『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』

漫画家 田中圭一さん自身と、8人の様々な
うつトンネルからぬけた人達の体験が漫画で描かれています。
読んでもわかるように、うつといっても、
様々な症状があるし、よくなっていくのも様々なきっかけだとわかります。

読んでいて、、、はっとしたところがありました。
私自身も、唯一会社員として働いていた時に、
体調ボロボロになりつつも、好きな絵を描く仕事だったので、
お医者様のいうことも聞かずに、お薬たっぷりのみながら
働き続けていたのですが、その頃毎週かよっていた京都の病院へ向かう電車で、
降りるはずの駅でのりすごしてしまい、逆方向にのって戻るも、
ひと駅だけなのに、、またのりすごし、、、
これを数回繰り返したことがあって、その時に、、
これは、、私、こわれかけかも、、、と、やっと
お仕事やめる決意したんです。
なっなんと、、、うつヌケに、、同じ体験をした方の体験が書かれていて、、
そういうことってあるんだなあ〜とあらためて感じました。
電車に乗れないという方も、よくききますよね。
私も、、乗れなくなってしまった時期も半年くらいと短い期間でしたが体験しました。
誰かと一緒だったら乗れたので、、それほど悪くはなかったのかもしれません。
その治り方っていうのも、、、えっ、そんなことで!というものでした。
友達と一緒に電車にのってでかけた日に、雨がふってきて
持ち手がカエルの顔の傘を買って電車にのったら、、
なんだか、、そのカエルがつきそってくれているみたいで、
心強くなって、、、それからはギラギラお天気の日も、、どんな日も、、
カエル傘をかばんに入れると、一人でも電車で乗れるようになったのでした。
こうやって書くと、笑い話ですけれどね〜〜当時はいたって真剣。笑。

その時期、母と姉にぴったり挟まれないと眠れなくもなってしまって、、、
そんな私、ありえなかったのだけれど、、、
どんな人も、、うつのトンネルにはいっちゃう可能性はあるんですね。
こわれちゃうことってあるのだなあと思います。
とはいえ、、当時はちかくにもっと強い症状の人がいたので、
自分の症状に関しては、病院へ行こうとはまったく思い浮かばなかったので、、
行っておけば、、、10年間は続いた不眠の日々は短くすんだかもなあ〜
テルミーをはじめてからも、、、様々な症状が改善してきて、、、
最後の最後まで、、時間がかかったのは、、心の問題&不眠だったような。
これも人それぞれ、お客様で、うつ症状がすぐに軽くなる方もおられるし、、
やっぱり、体の病気も心の病気も、はやいうちに気づいてあげることが大切なきがします。

「うつヌケ」みなみ療術所に来てくださっている方で、
読んでみた〜いという方、声かけてくださいませませ。
以前に紹介しました、「ロダンのココロ いろはの気持ちクリニック」
ありますよ。おすすめです。

続きを読む

テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体