プロフィール

南 夏世

Author:南 夏世
イトオテルミーを始めて20年
テルミーであたたまり
元気になったので
みなさんにもあたたまって
元気になってもらえると
とてもうれしいです

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

4大刺激 (温度的刺激)

00933

vol.1の化学的刺激に続いて、4代刺激vol.2は、
温度的刺激です。温度的刺激=熱(等下熱、栄養熱)

熱カロリー(45度以上の高温)は
a-皮膚の血行を亢進させる。
b−新陳代謝を高める
c−鎮痛作用が高い
dー神経を興奮させる
e-中枢神経系に反射して吸収作用を促進させる

ちなみに、テルミーの熱は、柱火の最高温度880度で外管をかぶせると120度
臨床での平均温度は60度〜66度ですから、なんともすばらしいですねえ!!

等下熱は太陽の熱エネルギーと同じように、不良導体の皮膚を
リンパ、髄液、血液を通じて全身に湯熱してくれて、良導体になります。

テルミー熱エネルギーは、栄養熱ともいいます。
体内の栄養熱がたりなくなると、体が弱って病気などに
かかりやすくなってしまうので、日々栄養熱をたっぷり
体に注入していると、自然治癒力が高まっていくそうですよ。
がんばろ〜〜!

しればしるほど、テルミーの熱ってすばらしいですね。

声のこども日記「フロントキャリア」更新しました。

テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体